医療レーザー脱毛できる仕組みとは。

今日は気になる医療レーザー脱毛の仕組みを調べてみました。

医療レーザー脱毛は巷で流行のフラッシュ脱毛と違って、永久脱毛が期待できます。

医療レーザー脱毛の原理は、
黒や茶色の反応するレーザーを皮膚の照射して毛根などを破壊すること。
基本的には1回で終わらず、複数回通うことになりますがこれは永久脱毛するために
成長期の毛根に十分にレーザー照射できるライフサイクルが決まっているからです。
十分に効果を期待するには5回は当てたほうがいいみたいですよ。
しかし完全に毛が無い状態にするには15回ぐらいともいわれているので、
ちょっと値段が高くても永久的に利用できるところがいいのかもしれませんねぇ。
ちなみに以前の針脱毛と比べれば、医療レーザー脱毛の痛みはさほどでもないようです。
一般的には輪ゴムではじかれた程度と表現されますね。
ちなみに黒色や茶色に反応するレーザーなので、日焼けをしているとかなりの痛みがあるようです。
日焼けあとはいかないほうがよさそうですね。

レーザー脱毛は高いけど、悪いところってあまりないんですよね。
私も脱毛するときはできるだけ、レーザー脱毛にしたいな。
お金がたまればですけどね。