おまとめローンを利用すると返済額が変わる?

消費者金融やカード会社からの借金が数社ある場合、おまとめローンを使うと返済額が変わります。おまとめローンは複数の借金を1つにまとめるためのローンです。例えば、消費者金融2社からそれぞれ50万円ずつ、カード会社1社から100万円の借金がある場合、200万円のおまとめローンを借入し、そのお金で消費者金融2社とカード会社の借金を一括返済する時に利用します。
おまとめローン 審査を利用すると返済額が変わると言うのは、ローン金利に違いがあるからなのです。ローン金利は新たに借入るおまとめローンの金利が低いものを利用するのが基本です。
例えば、消費者金融やカード会社の借金金利が20.0%、おまとめローンの金利が14.0%と言った感じです。
ちなみに、借金金利が20.0%とした際の1か月間の利息は、200万円×20.0%÷365日×30日=32,877円、おまとめローンを利用した場合は、200万円×14.0%÷365日×30日=23,014円になり、1か月間の利息分が32,877円-23,014円=9,863円の節約になります。毎月約1万円の利息が減るので返済額も少なくなり、更に総支払い額も減ると言うメリットもあります。